sIMG_0918

大阪市浪速区に難波八坂神社という神社があるのですが、そこには訪れた人の多くがビックリしてしまう巨大な獅子の頭が待ち構えているんです。そんな難波八坂神社に行ってみたのですが、なんばらしい意外なものを見つけてしまいました。

sIMG_0909 sIMG_0910

地下鉄御堂筋線なんば駅より約10分程南西に歩いた場所に難波八坂神社を見つけました。

ネットでは結構有名な神社なのですが、意外にも凄く地味で人気のないような場所。観光客が偶然この神社に来るということはほぼないでしょう。なにせ観光客に人気の道頓堀や戎橋商店街などはなんば駅の北側にあるので、やや南側にある難波八坂神社は真反対側ということになります。

sIMG_0911

そして神社の中へ早速入ってみようとすると獅子の頭がチラッと。

sIMG_0912

正面から見るとこんな感じ。

まだ神社の入口から見ているだけなのですが、インパクト大です。

鋭い目つきとガッと広げられた口、えげつない歯を見ると中に入るのを躊躇してしまいそう・・・。

sIMG_0913 sIMG_0914 sIMG_0915

で、思い切って神社内へ入ってみたのですが、まずは獅子頭には近づかず神社内をちょこっと周ってみました。ただ、常に感じるのは獅子の視線・・・。

sIMG_0918 sIMG_0919

難波八坂神社ではどこにいようが獅子の鋭い視線を感じずにはいられません。

これだけ高い位置から大きな目を思いっきり見開いているのですから、難波八坂神社では悪いことは出来ませんね。

sIMG_0921

さらにデカイのは目だけではありません。

鼻もめちゃくちゃデカイ!

今すぐに荒い鼻息が聞こえてきそうな感じです。

sIMG_0926

ちなみにこの獅子の頭は全長12メートルなのですが、横から眺めた方が巨大さを実感できます。

左奥の方に入口があるのですが、その入口も余裕で口に呑み込めるほどの大きさです。

sIMG_0928

口の中はイベントごとのステージとして利用出来そうなほど広いです。

sIMG_0930

なにせこれだけ口の中が広いんですからね。

軽く100人以上は口の中にすっぽりと収まりそう。

sIMG_0929

さらに獅子殿を真横からとらえるとこんな感じです。

真横から見ると目が見えないので、あまり威圧感はありませんね。

sIMG_0920

凄い威圧感をもたらすこの鋭い目にはどうやらライト機能が付いているようです。

夏祭りなど夜に難波八坂神社が使用される際に目が光った獅子殿を見られるとのこと。

sIMG_0931 sIMG_0932

そしてすることもなくなりなんとなく祈願絵札を見ていたのですが、なんばらしいものを見つけてしまいました。

sIMG_0933

それがこの絵札です。

大阪のなんばに拠点を置くNMB48上西恵さんを応援するファンによる祈願絵札。

「絶対に檀上に連れて行くよ!!」とのファンによる熱いメッセージが書かれていました。

これも地元にアイドルグループが存在するなんばならではですね。