DSC_0146
DSC_0146 / hetgallery

あなたは自分が住んでいる市町村章がどんなマークなのかご存知でしょうか。

おそらく多くの方が市町村章なんか全く気にもとめていないと思います。ただ、市町村章は各市町村が知恵を絞り様々な意味合いを込めて作り出された芸術品です!!そんな芸術品でもある市町村章のイケてるランキングベスト5を発表致します。

第5位 東大阪市

2014y09m11d_164030413

東大阪市の頭文字「ひ」の字を図案化し、平和と希望の象徴である鳩の姿であらわしたもの。はばたく鳩のイメージは「豊かな住みよいまち」をめざし、躍動する本市の輝かしい未来を示しています。(東大阪市HP)

東大阪市の市章は丸みがあり親しみやすい印象を与えてくれます。

平和を願うハトを「ひがしおおさかし」の「ひ」で上手く表現していますね!!

第4位 島本町

2014y09m11d_163431046

歴史上由緒ある楠公の「菊水」を「嶋本」に図形化し、明かるく環境のよい本町の未来を象徴しています。(島本町HP)

島本町の町章は見た目が他の市町村章と大きく違っていて印象に残りやすいです。

第3位 貝塚市

2014y09m11d_162851752

 

貝塚町にあった名松”姫松”にちなむ松葉5本が、合併5か町村固い契りを願って結び合わされています。その中に大阪湾の昔の呼び名”ちぬの海”の波頭と市名の貝の字を象徴文字で表しています。(貝塚市HP)

貝塚市の市章は合併した5可町村の結びつきを強める意味合いがあり、デザイン自体も独特なものになっています。ちなみに貝塚市はバレーボールの街を押している市なのですが、どことなく真ん中のものがバレーボールに見えますね。

第2位 泉大津市

2014y09m11d_162107986

泉大津の「泉」と「大」の文字を波形に図案化し、湧きのぼる発展と海外への雄飛を表章しています。(和泉大津市HP)

泉大津市の市章は街の特徴を良く表しながらインパクの強い市章になっています。

大阪湾に面する立地を表すように波の形を表しながら、どこか力強い印象を与え、何度も何度も見てしまうような強烈な印象を残してくれます。

第1位 吹田市

2014y09m11d_161534061

吹田市の市章は「吹」と「田」の字を組み合わせてシンボル化したものです。
「吹」は平和のシンボルであるハトをかたちどり、円内の交差する4本の線は「田」を表しています。
周囲は花弁で、まちが美しく発展することを願ったものです。(吹田市HP)

万博記念公園で有名な吹田市の市章はおしゃれです!!

青い太陽のような花びらの中に平和の象徴でもあるハトが用いられており、色使いやシルエット、意味合いがどれをとってもイケてます!!