s20141006_151026

箕面名物と言えばもみじ。

秋の紅葉シーズンになれば赤くなったもみじが箕面大滝へ向かう多くの観光客を魅了してくれるわけですが、そのもみじを天ぷらにしてしまったもみじの天ぷらが箕面市の名物として多くのお土産屋さんで売られているんです。

そんな箕面名物もみじの天ぷらが一体どんな味なのか気になったので箕面大滝へ向かう前に食べてみました。

s20141006_145814

阪急箕面駅へは阪急石橋駅で乗り換えです。

阪急梅田方面から行こうが、阪急宝塚方面から行こうが、石橋で箕面線に乗り換えが必要です。

s20141006_145851

箕面線は宝塚から梅田方面へ向かう電車から降りてすぐのところにあります。

梅田方面からの電車の場合には一旦階段を下りて向かい側のホームへと移動することになります。

s20141006_145914

そして箕面線箕面行きに乗車!

s20141006_150706

石橋からは桜井駅、牧落駅、箕面駅という順になっており5分程であっさり到着。

s20141006_150748

箕面駅に着くなり一番最初の目的はもみじの天ぷらです。

もみじ天ぷらを食べたくて箕面駅まで来たようなものなので、早速もみじの天ぷら探しをしたいと思います。

s20141006_150846

箕面駅を出て思ったのが、非常に綺麗な街並みでした。

観光名所ということもあり駅周辺が綺麗に整備されており、いい感じでした。

s20141006_150857

で、肝心のもみじの天ぷら探しなんですが、あっけなく見つけてしまいました。

駅を降りてすぐ顔を上げると目の前にもじぢやというお店があるのですが、そこにははっきりともみじの天ぷらの看板があったんですよ。

s20141006_150911

こんな感じにあっさりと箕面名物もみじの天ぷらを見つけてしまいました。

s20141006_150924

もみじの天ぷらごり押しって感じですね。

箕面名物のお土産としてもみじの天ぷらがやっぱり良く売れるんでしょう。

s20141006_151026

せっかくなので、中の揚げている様子を見させてもらいました。

綺麗なお姉さんが揚げていたのですが、カリッカリにたくさんのもみじ達が揚げられています。

s20141006_151030

そして揚がったもみじ達がこちらで凄く美味しそうです。

s20141006_160439

早速もみじの天ぷらを一袋買って食べてみることに。

s20141006_160524 s20141006_160540

もみじの天ぷらはこんな感じで、意外に分厚い印象です。

s20141006_160555

早速食べてみましたが、カリッカリ。

凄く香ばしくてカリカリで歯ごたえが良かったです。

味は完全にお菓子風。

かりんとうの味にちょっぴり似ているのですが、控えめで甘すぎないかりんとうって感じでした。

肝心のもみじは中にさりげなく入っていました。

sIMG_0705

ちなみに原材料は小麦粉、砂糖、ごま、もみじ葉、食用菜種油とめちゃくちゃシンプルです。

味は美味しくパクパク食べてしまいそうなので、お土産として貰ったら嬉しいものです。

箕面に行った際にはぜひもみじの天ぷらを食べてみてください。