sIMG_0644

摂津市は鳥飼車両基地があることで新幹線好きの方に特に人気のスポットになっていますが、今回は0系新幹線車両と電気機関車を見ることが出来、触ることも出来、乗車することも出来る新幹線公園という場所に行ってきました。

sIMG_0653

新幹線公園へは大阪モノレール摂津駅が最寄駅です。

sIMG_0654

摂津駅を出て右手側へとにかくまっすぐ進めば新幹線公園へたどり着くとのこと。

とにかくこの道をまっすぐだそうです。

sIMG_0604 sIMG_0603

本当にこっちの道をまっすぐ歩いていけば新幹線公園に着くのかちょっと不安でしたが、歩いているとすぐに新幹線公園への案内板が至る場所に見受けられたので、安心しました。

sIMG_0606

とにかくまっすぐとのことですが、こことはどっち??

左の水色の道?それとも普通に右側の道??

sIMG_0607 sIMG_0608

ただ、ここでも案内版があったので、迷うことなく進むことが出来ました。

これだけ案内板があれば新幹線公園に行く際に迷うことはありませんね。

摂津市は優しいです。

sIMG_0610 sIMG_0611

水色の橋で川を横断します。

ここの川は安威川だそうです。

sIMG_0612 sIMG_0613

水色の橋を渡りきるとグルッとUターンの案内図がありました。

sIMG_0614sIMG_0615

なので、グルッとUターンしてみると前の方にも案内図が見えてきました。

残り400m歩けば新幹線公園に着くもようです。

sIMG_0616 sIMG_0617sIMG_0618

ちょっと歩くと右手側にJRの貨物が見えてきました。

sIMG_0619

新幹線や電車好きならこの貨物を横目に歩くだけでも楽しそうです。

sIMG_0621 sIMG_0622

新幹線公園までは両側の木々でいい感じの影になっており、川が横を流れているということもあって気持ち良いです。

sIMG_0620

途中にはベンチもあったので、座ってのんびり休憩するのも良いかもしれません。

sIMG_0623

そして遂に新幹線公園が見えてきました。

目の前に見えてきたのは0系新幹線車両の前の部分。

sIMG_0624

新幹線公園到着!!

手前側に初代新幹線0系、奥の方にEF15型 電気機関車が展示されているので、早速0系を見ることに!

sIMG_0625 sIMG_0626 sIMG_0627

これがすごい迫力です。

0系は1964年東海道新幹線の開通に合わせて誕生した車両なのですが、新幹線という言葉を世界に知らしめたザ・新幹線と言える車両。

今の新しい新幹線の車両のカッコイイですが、やっぱり0系が一番新幹線って感じでしっくりきます。

ウルトラマンや仮面ライダーが初代が一番カッコイイのと同じで新幹線も初代新幹線0系が一番カッコいいです。

sIMG_0628

ここから本来は中に入ることが出来るのですが、この日は入れず。

第二、四日曜日の午前10時から12時、午後14時から16時に車両に入り座席、運転席に座ることが出来るみたいですので、中に入ってみたい方は内部公開の時に行ってみると良いですよ。

sIMG_0630

それにしてもやっぱりこの青色がカッコいい!!

新幹線と言えばやっぱりこの色ですよね!!

sIMG_0631 sIMG_0632

初代新幹線0系を堪能した次はその後ろにある電気機関車へ。

sIMG_0633 sIMG_0634

こっちはこっちでさらなる時代を感じます。

こちらは貨物用として活躍していた機関車です。

sIMG_0635

機関車は新幹線と違い、ゴツゴツした感じが良いです。

sIMG_0637 sIMG_0638

後ろのところに上がってみると意外にも高い。

sIMG_0639 sIMG_0641

電気機関車は後ろから眺めてもカッコいい。

sIMG_0644 sIMG_0645 sIMG_0646

十分に初代新幹線0系と電気機関車を見て楽しんだ後は0系の目の前にあったベンチに寝ころび、0系を眺めつつ、青空を眺めつつちょっと一休憩がてらに昼寝です。0系を見上げながら寝れるって最高です。ただ、人が多い時だと難しいかもしれないので、ベンチで寝ころびながら0系を楽しみたいという方は人が少ない時間帯に行ってみると良いかもしれません。