DSC_0548
DSC_0548 / mai:pluie

大阪には数多くのゆるキャラであるマスコットキャラクターが存在するのですが、その中には正直可愛いとは言えない、むしろ「何故こんなブサイクなキャラクターにしたの!?」というようなキャラクター達が存在します。

もちろん各市町村の繁栄を願う重大な責任を背負った方々が一生懸命に考えに考え決定し、苦労の末に生まれたキャラクター達ですので、ブサイクというのは大変恐縮なのですが、失礼を承知の上で大阪府内のブサイクなゆるキャラベスト5を発表したいと思います!!

また、可愛いか可愛くないかだけがゆるキャラの優劣ではありません。

第5位 イヌナキン 泉佐野市

2014y09m10d_175733248

パッと見カッコいい!!

イメージキャラクターとしては珍しいヒーロータイプのキャラクターであるためちょっとカッコいいのですが、なんかやっぱりブサイクな気がします。

犬鳴山の義犬伝説主人公の末裔とありかなり強そうなキャラクターのイヌナキンですが、意外にも他の市町村のゆるキャラに比べて背が小さく、存在感が薄れてしまうという弱点があります。また大の温泉好きのようです。

第4位 じゃぐ爺 大阪市水道局

2014y09m10d_175301375

鼻が太過ぎるし、大きすぎるじゃぐ爺。

大阪市水道局のPRキャラクターであるじゃぐ爺は鼻が蛇口になっているのでじゃぐ爺なのですが、不格好な鼻のために凄くブサイクな容姿になってしまっています。

第3位 ふくまるくん&ふくまるちゃん 池田市

2014y09m10d_174149502

ブサイクか可愛いか人によって大きく分れそうなふくまるくん&ふくまるちゃん。

池田市の五月山動物園で人気のウォンバットと大黒天さんをモチーフにしたキャラクターなのですが、王道の可愛さはありません。池田市と言えばチキンラーメンで有名ですが、ふくまるくん&ふくまるちゃんがチキンラーメンのキャラクターとツーショットになるとはっきり可愛くないって分かります・・。

そんなふくまるくん&ふくまるちゃんですが、子供のふー、くー、まー、るー揃ってのふくまるファミリーのショットになると可愛く見えますね。

第2位 スーパーポンポコジャガピーにしなりくん 大阪市西成区

2014y09m10d_173003128

とにかく名前が長すぎる・・・。

名前がダサすぎる西成区のゆるキャラスーパーポンポコジャガピーにしなりくん。

名前がこれだけ長いのは、容姿がスーパーマンやタヌキ、ジャガイモなど色々なものに見えるなどの理由からこれだけ長い名称になったようですが、正直・・・にしなりくんでいいようなが気がします。

ただ、名前が長すぎるゆるキャラとしてスーパーポンポコジャガピーにしなりくんが頑張ってくれればイメージがあまり良くない大阪市西成区のイメージアップにもつながりますので、是非とも頑張ってほしいところです。

 

第1位 サカエル&みそさかい 堺市堺区

2014y09m10d_171609822

大阪NO.1のブサイクは堺市堺区のサカエル&みそさかいでしょう!!

堺市堺区のサカエルのプロフィールでは、「一見ブサイクに見えちゃうけど・・・」と記載されている通り、堺市堺区公認のブサイク度合の仕上がりになっています。

目があるのかどうか分からないほど小さく、口が開いているのかどうか微妙な口元をしており、髪の毛はくるっとカール状になっている当たりブサイクっぷりをいかんなく発揮してくれています。

ちなみにサカエルが手に持っているのが鳥のみそさかいです。

サカエルは男の子、みそさかいは女の子という噂があり、二人はいつも一緒に散歩しているようですので、もしかすると両想いなのでしょうか・・・。いずれにせよサカエルのブサイクさはゆるキャラの根本を覆してくれそうです。